イレイザー・ミスト水の除菌・消臭力/安全性
イレイザー・ミスト水の除菌力
特殊なpH制御技術で次亜塩素酸ソーダ水を弱酸性にコントロール、強力な除菌力を持ったイレイザー・ミスト水を生成。
イレイザー・ミスト水は、低濃度のpH調整剤を、極微量に次亜塩素酸ソーダに混合しpH5.5±0.5にすることにより、有効除菌成分である次亜塩素酸分子(HOCL)を大量に含んだ除菌・消臭水を生成しています。
このようにして生成したイレイザー・ミスト水は、原液である次亜塩素酸ソーダの約8倍の除菌力があります。
なお、イレイザー・ミスト水は下記のグラフでお判りのように、pH5.5位にすることにより一層除菌力が高まります。
除菌力とpHの関係
除菌力とpHの関係
イレイザー・ミスト水の消臭力
消臭(脱臭)に最も多く使用されているのが次亜塩素酸ソーダ(NaClO)です。次亜塩素酸ソーダは、その酸化力を利用して臭いの元を酸化し、無臭の物質に変化させます。
混合悪臭(タバコ臭等)におけるアンモニア臭を消臭する過程では、次亜塩素酸ソーダの酸化力により、悪臭のアンモニア分子を無臭なモノクロラミンに変えていきます。
NH3(アンモニア)+HClO (イレイザー・ミスト)  → NH2Cl(モノクラミン)+H2O
イレイザー・ミスト(HClO)は次亜塩素酸ソーダの酸化力をさらに高めたため、除菌力と同様に消臭効果も数倍~数十倍に高められ、より低い濃度で強力な消臭効果を発揮します。
タバコ臭
次亜塩素酸ソーダとイレイザー・ミストの比較
イレイザー・ミストは、タバコ臭を構成する混合悪臭の約90%を占めるアンモニア臭を
直接的に除菌・消臭、強力な威力を発揮します。
イレイザー・ミスト水の安全性
■イレイザー・ミスト水の原料は、厚生労働省が認定する食品添加物を使用しています。
次亜塩素酸ソーダ(NaClO)・水(H2O)・希塩酸(HCl)を希釈混合して生成される次亜塩素酸(HClO)の成分が多く含まれているイレイザー・ミスト水は、厚生労働省が認定する食品添加物を原料として使用しています。
従って、赤ちゃんやペットにも安心してご使用いただけます。
赤ちゃんにも安心
強力な除菌力と高い安全性
1.強力な除菌力
細菌・真菌・ウイルスを強力に除菌します。耐性菌の発生もありません。
除菌有効成分(HOCL)が次亜塩素酸ソーダの約8倍。
2.空間除菌
ミスト状噴霧で、人がいるスペースでの空間除菌が可能。
3.残留性がない
細菌などの有機物に接触すると、除菌後すぐに水に戻るため残留性がありません。
4.臭いが少ない
50~100ppmの範囲ではほとんど臭いはありません。
5.脱臭効果
アンモニア系の腐敗臭を取り除き、周辺環境の悪臭対策になります。
6.手についても安心
ノンアルコール・弱酸性なので、手肌に付いても安心です。
7.排水が無処理
有機物と接触すると、水に戻るためそのまま排水処理ができます。
安全性試験データ
イレイザー・ミスト水を安心してご使用いただくために、安全性試験を行いました。
(※財団法人食品農医薬品安全性センター報告による)
安全性試験データ
ご連絡先